〒525-0067 滋賀県草津市新浜町416番地2
NK Construction Method
NK工法

NKシステムの特徴

日本最先端の構造技術
SE構法を標準採用

構造設計からプレカット納材まで
一貫したシステムNK工法

1. 木造建築物の自由度が広がる

保育園、幼稚園、福祉施設、教会、冠婚葬祭施設、店舗倉庫などの自由度が必要とされる空間を木造で実現します。

2. 鉄骨造・RC造から木造へ

木造建築物は一般的に鉄骨RCよりも総建築費の削減、工期の短縮、環境への負担が少ないと言われています。そのような案件を積極的にサポート。

3. 構造設計サポート

NK工法はプラン段階から許容応力度計算により、構造提案を無償でサポートさせて頂いております。

4. 建方工事請負

弊社では建て方工事までお請けさせて頂いております。工事範囲についてはご相談させて頂きます。

NK工法の各技術

プレカット

プレカット加工とは、従来は手工具で加工していたものを機械で行なう技術です。
最近のプレカット機械は、CAD/CAM 全自動機であり、木造住宅の平面図や立面図等を基に加工データをCAD 入力し、その情報をCAM に転送して自動的に切削することで加工精度の高い柱や梁、羽板材、パネル等を生産することが可能になっています。

NK金物

NK工法の接合金物は土台、柱、梁の断面欠損が少ないため高い強度を維持することができます。

許容応力度計算

許容応力度計算とは、建築物に用いられる構造計算の方法のこと。
建築物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを検証します。

構造用集成材

等級区分したひき板(ラミナ)を集成接着したものであって、所要の耐力に応じた断面の大きさと安定した強度性能を持ち、大スパンの建築物の建設も可能です。
一般的に木質構造の耐力部材として柱、梁、桁などに使用されます。
構造用集成材は国土交通省告示に基づいて材料強度が定められています。
また日本農林規格(JAS)認定材となります。

ハイブリッドトラス

一般流通材で、スパン7m~33mまでの建物を実用化できます。
しかも積雪は2.5mまで対応できますので、全国の地域にて対応が可能です。

門型フレーム

門型フレーム「N-GATE」は、今まで木造では困難だったS 造・RC造のような自由な間取りや大開口・大空間を可能にします。しかも、S造・RC造と比較して安価であるため、コストダウンを図ることも可能です。
たとえば、ビルトインガレージ、店舗や事務所を併用した住宅、狭小地でのプランニングなどに最適です。

外壁パネル

外壁パネルを製作し現場へ搬入します。
現場では躯体にはめ込むだけなので工期短縮可能です。

狭小壁

柱芯々350㎜、壁幅455㎜の壁で壁倍率7倍相当を可能にします。
構造計算を行うことで広い開口部が可能となります。