滋賀県で断熱性能の高い注文住宅を建てる工務店 ホーム・テック

滋賀の工務店ホームテック

滋賀県で耐震&断熱にこだわる注文住宅の工務店

 
 
〒525-0067 滋賀県草津市新浜町416番地2 

(株)ホーム・テック
0120-44-3868

滋賀県で耐震&断熱にこだわる注文住宅の工務店


0120-44-3868

断熱性の高い家にするために必要なこと

住宅の断熱性は数字で表されます 

「夏涼しくて、冬暖かい家」というのは、誰もが望む家だと思います。その上、電気代やガス代などのランニングコストも下がる省エネの家となればなおさらです。
そこで重要な性能が「断熱性能」ということになります。これも一昔前までは、使っている「断熱材」や「外断熱」「内断熱」などの、一部分のみをクローズアップしてPRしている会社も多かったようです。それらの説明をしながら「当社の家は冬暖かいです!」とか「断熱性はこだわっています!」というような営業トークが一般的でした。
それらも断熱性能を構成する要因ではありますが、その性能を判断するのはまず「数値」が大事です。
その考え方は自動車などは当たり前です。「排気量○○CC」「モード燃費が○○km」というような訴求方法はCMでも当たり前のように使われています。

これを日本全国の統一基準として、決まった単位が「UA値」です。以前がQ値という数字が使われていましたが、新しい日本の基準として使われています。
これは、家の断熱性能を判断する一つの大きな基準ですので、ぜひ覚えておいてください。そのうえで、ご自分が建てようとしている家の断熱性能がどのレベルにあるのかをぜひ「UA値」を確認しながらご判断してほしいと思います。
 

「UA値」とはどんな数値なのか

一見「UA値」というと難しいような感じがするかもしれません。でも、考え方は単純です。
建物を覆っている「外皮」の部分、つまり、「屋根」「外壁」「サッシ」「基礎(床下)」部分のそれぞれの断熱性能を入力して、全体の断熱性能を数値化しているものです。
これらは、使っている断熱材の種類や厚さのよってその部分の性能は変わります。またサッシについては、フレームが「アルミ」か「樹脂」か、ガラスが1枚か2枚か3枚か、そのガラスの層の間にガスが入っているか、などで決まってきます。
これらを専用のソフトに入力をして計算すると、その家の断熱性能である「UA値」が数値として出てくるというわけです。
南北に長い日本では、地域によって基準としている「UA値」が異なります。この数字は低いほうが断熱性能が高いとされていて、滋賀県では「0.87以下」という数字が基準です。対して北海道では、「0.46以下」という厳しい基準となっています。
良い数字を出すには、良い断熱材やサッシを使う必要がありますので、どのレベルを目指すかは、ハウスメーカーや工務店の考え方も大きく左右されます。
なので、これもぜひご検討している会社に対して「うちの家はUA値どれくらいでみてますか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

2020年に義務化される基準

意外と知られていないことですが、このような断熱性能の基準は現在の建築基準法では義務化されていません。
つまり、著しく断熱性能が低い住宅を建てても「違反建築」にならないということです。それは各住宅会社の方針で決まってくるということですね。なので、お客様の方でもっと知識を深めて工務店やハウスメーカーに問いかけてほしいと思います。
それでも、2020年には義務化されることは決まっています。これはどういうことかといいますと、断熱性能が低い家を建ててしまうと、「今は違反建築ではないが、2020年以降は不適格な住宅」となるということです。よく話題になる「既存不適格住宅」という建物です。
これは建物の「資産価値」を大きく落としてしまうことにもなりますので、ぜひ、今建てるとしても断熱性能の基準を満たし家を建てることをお勧めします。
ホーム・テックの断熱性能についてはこちら

ACCESS

(株)ホームテック
〒525-0067 滋賀県草津市新浜町416番地2
モデルハウス

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談、ご質問等の際は
お気軽にこちらからお問い合わせください。
Tel 0120-44-3868
 

※弊社は勧誘のお電話や訪問販売は行っておりません。「ホームテック」と名乗り、勧誘のお電話や訪問販売を行う会社とは無関係です。

HOME | 家づくりコラム | 断熱性能の高い家にするために
草津モデルハウス
 
全館空調&全館調湿の家
 
全館空調&全館調湿の家
 
資料請求
 
設計事務所

 
お客様の声
 
家づくりコラム
 
滋賀咲くブログ
 
 
耐震構法SE構法
 
APW330
 
ウルサラエアコン